はじめてのキャッシング利用

先日生まれて初めてクレジットカードのキャッシング枠を利用しました。

楽天カードで50万円の利用枠がありました。クレジットカードでの支払いは数年来継続して利用していましたが、じっさいのキャッシングを使うのは初めてです。

飲み会に使うお金が手元にすくなく、2万円ほどの利用でしたが、消費者金融から借りたように感じられ、また遊ぶお金でしたので、小心者の私としてはドキドキものでしたが、無事返却することができ、ほっとしています。

考えてみれば、住宅ローンでまだ2000万円以上の借金をしているのですが、そちらはあまり普段はどうこう感じないので、少額のお金を借りただけでドキドキするのも不思議なものです。

でも返すことができるまで、頭から離れず、つくづく自分はお金を借りることに向いていないと思ったものでした。

自分で事業を起こし、その資金を借金などで賄っていく人たちは、すごい強靭な精神の持ち主であると尊敬するばかりです。

ステレオタイプの考え方かもしれませんが、カードでお金を借りる→返すためにまた借りる→増える借金→自己破産などという、ネガティブな方向の循環ばかりが頭をよぎってしまいます。

お金を借りて事業を興し→利益を上げ→利子を支払う=経済の活性化につながるなどという循環は、私には程遠い話かもしれません。

このページの先頭へ