友達からお金を気軽に借りることの裏側

私は学生時代に友達からお金を借りました。学生というと1,000円や2,000円を友達同士で貸すことはよくあります。

しかし私はどうしても欲しいものがあり、友達から2万円を借りました。2万円というと学生からすると少々高い金額です。

すごい仲の良い友達から借りることとなり、借りる時には特に問題はありませんでした。

しかし、問題は返済です。話は少し飛びますが、現在Twitterであったり、Facebookであったり...SNSが発達し、個人の状況などがネットを見ればすぐに分かることができます。

私は結構Twitterなどに近況報告などを書くタイプの人間した。ある日Twitterに私はお金を借りた別の友達と遊びに行った近況報告を書きました。

するとそのお金を借りた友達から「そんな遊ぶ余裕あるんやったら早くお金返せよ(笑)」というコメントが来ました。もちろん私はお金を返す気がなかったわけではありません。

お金を返し終わるまで絶対お金を使わないようにするというのも変な話です。しかし、それを友達に説明するのもこれまた変なので私は素直に「ごめん」と言ってその後twitterには何も書かないようにしてすぐにお金を返しました。

その後その友達とは少しギクシャクしてしまいました。友達からお金を借りると仲の良い友達だと利子もありませんし、一見なんの問題もないように感じます。

しかし、その裏側では友達はどんな心境になっているか分からないのです。ひょっとすると友達の関係はそんな些細なことで潰れてしまうかもしれません。

だから、友達からお金を気軽に借りることはやめたほうがいいと思います。

このページの先頭へ