借金と、パチンコと、強運の友達と

私が大学生の頃でした。当時私には仲の良い5人の友達がいて、講義をサボっては大学の近くにあるパチンコへ友達と一緒に打ちに行くのが日課でした。

パチンコというものは怖いもので、毎日行けば行くだけお金は減っていきます。

当時の私はコンビニバイトしかしていませんでしたから、あっという間に月に稼いだお金は消えていきます。お金が無くなったら私は毎度のように仲の良い5人の友達のうちの1人からお金を借りていました。

その1人はパチンコがとても強く、パチンコだけで教習所代とバイク代を稼いだぐらいの強運の持ち主でした。なんで僕は勝てないんだろうと思いつつ今日もまたその友達からお金を借り、パチンコを打ち、そして負け、溜まっていくのはその友達への借金ばかりでした。

借金が大体10万円近くなったころでしょうか。僕はもうパチンコは絶対もうやめようと決意し禁パチンコを始めていた頃です。彼から借金の返済を求められました。はい。もちろん利息付きで...

急いでアルバイトの数を増やし、次の月には彼への借金は利息も含めて全て返済しました。

借金返済の催促のタイミングと、それに利息をしっかり乗せてくること、そして私は知らなかったのですが仲の良い5人のうち他の3人も彼から借金していたことなどを知り、彼がパチンコで稼いでいたのはただの強運だけではないのだなと身に沁みて分かりました。

そしてそれ以降、友達からお金を借りるのはやめようと心に誓いました。

このページの先頭へ